人間関係を円滑にする励ましの言葉

 

「お疲れ様」「ありがとう」などの励ましの言葉は、人を元気にします。

励ましやねぎらいの言葉は、頑張っている人、努力している人への気遣いや思いやりの言葉です。

頑張っている時、苦しい時、辛い時、「お疲れ様」「頑張ってるね」「ありがとう」と言われると、とても心が和みます。

そして、その一言が私たちを元気づけ、「辛くても努力してよかった」「もっと頑張ろう」と思わせてくれる。

共感されたい、認められたいという気持ちは誰にでもあります。

特に、全力を尽くして頑張った人にとって、上司からの励ましの言葉は、次の仕事へのモチベーションにつながります。

また、頑張っている同僚への励ましの言葉は、お互いの絆を深め、仕事を円滑にします。

 

お世話になっている取引先や業者への激励の言葉は、関係をさらに良くし、仕事を円滑に進める。

頑張っている部下や同僚、取引先、業者などに感謝の言葉を伝えてみてはいかがでしょうか。

 

以下は感謝の言葉の例です。これらの感謝の言葉は、部下、同僚、取引先、業者などとの関係をより良いものにしてくれるでしょう!

部下を励ます言葉は、 まずは結果よりもプロセスに注目

部下には厳しくと考える人が多いかもしれません。しかし、仕事ぶりについて厳しい指摘をする前に、まずは部下の努力を認め、激励の言葉をかけることが大切ですし、部下の頑張りに感謝することも忘れてはなりません。

ビジネスでは結果も大切ですが、頑張っている過程を励ます言葉は部下のモチベーションを高めます。

「あきらめずに頑張っているね」「よく頑張っているね」といった励ましの言葉は、上司が自分の仕事をしっかり見てくれていることを部下に伝え、上司への信頼感を生みます。

 

また、部下が良い結果を出したときには、「○○さん、よく頑張ったね」「頑張って素晴らしい結果を出したね、おめでとう」などの言葉をかけることで、

上司が自分のことを認めてくれているという自信が生まれ、部下の仕事に対するモチベーションがさらに高まります。

 

【部下をねぎらう言葉】

「ご苦労様」             「努力しているね」

「君ならきっとできるよ」       「よく頑張っているね」

「努力が実を結んだね」        「素晴らしい結果が出せたね」

「本当に助かっているよ」       「いつもありがとう」

「感謝しているよ」

【みんなの投票】言葉遣いの本おすすめ人気ランキング(複数回答可)
  • →(該当する答えがない)選択肢を新たに追加する

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)